榎本合歓さんの陶器

私がはじめて合歓さんの器に出会ったのは2008年の11月。香川で行われたサバイバルセミナースイーツ編に行った時でした。
そこで売れていた塩壺に一目惚れemoticon-0152-heart.gif
a0186159_10444069.jpg

でもその時は、またいつか手に入るだろうと思って買いませんでした。

が!しかし!!
そのまたいつかはなんと2年後の2011年1月でした。
天女トーク&ライブの日になんと合歓さんが展示会をされていました。
待ってよかった~
生合歓さんから買わせてもらえるなんて

a0186159_10512085.jpg


いつもはこんな風に飾っているわけではなくて、

塩壺の中には海の精が入っていて、
a0186159_1121362.jpg
お茶碗にはご飯をもって食べていますemoticon-0102-bigsmile.gif

この合歓さんの器の何がすごいかといえば、
まずは安全。自然素材にこだわって、薪窯で焼き上げたもの。伊勢の潮風に吹かれた松を使っておられるそうです。
たとえば塩だと、壺のにいっぱい塩の汗みたいなのがついてきます。
必要のないものは外に出し、中の塩がさらにうまみをまします。
梅干壺だと底が真っ赤になるそう。
そして、
陰陽を用いている!!
体質に合った器を選んでもらえるところ。
私の体質は陰も陽も両方入っているそうで、グリーンと白が半々のお茶碗を選んでいただきました。

炸裂合歓トークってなんだろう??
って思っていましたが、
なるほど、本当に炸裂トークでした。
マクロビの大森一慧先生もご用達だそうです。
トークの内容はマクロビを中心とした、望診であったり、絶対受かる就職活動であったり、必ず彼をGETできる方法であったり、最近のトヨタについてであったり、本当に炸裂でした。
私はそんな話がすごく好きなので、1時間半くらいずーっと聞き入ってました。
スタッフの臼井さんが「かよさんランチどーぞ」と言ってくれなければそのまま永遠と話を聞いていた?!

気になるお値段ですが、たしか塩壺4,800円、茶碗2,800円だったと思います。

ゆみこさんは、「この色いいね~、この感じまだなかったよね~」
とか言いながら、サクサク選んでおられて
さすが長い付き合い。

今年もう一度新宿のつぶつぶカフェで展示会をされると思います。
展示会の日がわかったらまたお知らせしますね。
by tsubutsubuland | 2011-02-19 11:19 | おすすめ

神門(ごうど)佳代 (株)フゥ未来生活研究所公認つぶつぶマザー*つぶつぶに出会って最高の人生をつかみました。伝えます、最高のおいしさ、最高のつぶつぶライフ!☆2011年11月に活動ネームを神門佳代にしました。


by 神門 佳代