確信がもてる情報

必見!!
つぶつぶセミナーダイジェスト版


セミナーに行ってみたいな〜、ちょっと気になる、という方、

お友達につぶつぶのセミナーを伝えたいとう方、

たくさんの方に見てほしいと思います!




毎日、毎日原発について、様々な情報が流れています。

みなさんのメールボックスにも
沢山の情報が届いているのではないでしょうか。

もう読み切れない~と感じている方もいらっしゃるかもしれません。


しかし!!

私たち「つぶつぶ」では、あたりまえの食を実践していく上で
確信がもてる情報を1つ1つ丁寧に紹介していきます。


今回の放射線医師のお話も必読です。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

恐れと不安の心がどんどん広がっています。
それが、さらなる悲惨な現実を呼び込みます。

意識を切り替えて、自分という存在、人類という存在のパワーを信じて、
一人ひとりが創造の波動の発信源となっていきましょう。


そのために、具体的に今すぐできることを伝えていきます。


■基本知識
 放射線は通過する時に破壊そう遠くにはいかない
 飛散するのは放射性物質で放射線を出し続ける
 放射能は放射性物質が放射線を出す能力 
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



「長崎原爆体験記」には、著者の爆心地2キロ内にあった病院の放射線医師だった秋月辰一郎博士が、
被爆直後、患者に対して

「水を飲んではいかんぞ!爆弾を受けた人には塩がいい。
玄米飯にうんと塩をつけて握るんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。
そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ!」

と叫んだことが書いてあります。


秋月医師は、日頃から放射線の害への食による効果を実践していて、
玄米ごはんや海草入り味噌汁を患者に食べさせていたそうです。
そして、その指示に従った患者には、原爆症が全く出なかったのです。


  ____________________

前回は(4)まで記載しました。バックナンバーはこちら

http://ameblo.jp/otaniyumiko/entry-10840523183.html
今日は(5)からです。
  _____________________




5)塩の力>>>>日本人には塩が足りない!

水を控えること、自然塩をたくさん摂ることが被爆から身を守る力になるのですね。
ところが原爆が落ちたのは昭和20年 、その後、昭和47年に、塩田が廃止され、
精製塩しか手に入らなくなりました。


その頃から、ホンモノの塩を残すための運動に取り組んできた人々が作り続けてきた塩が「海の精」です。
生みのミネラル60数種類の結晶です。


「海の精」を手に入れてたくさん摂ること、闇雲に水分を摂らないこと、
それで安心して毎日が送れるなんて知らないと損です。


海の精株式会社会長の村上譲顕さんの著書「日本人には塩が足りない!」は隠れたロングセラーです。
この機会に読んでみませんか。
詳しくは>>>http://www.amazon.co.jp/日本人には塩が足りない-?ミネラルバランスと心身の健康-村上-譲顕/dp/4492501924



6)海草入り味噌汁>>>味噌には放射性物質排出力がある

味噌には、塩分が多量に含まれている上に、腸を元気にする成分がたっぷりなので、
抗がん作用や放射性物質の除去作用があることが、
味噌協会が進めてきた研究で明らかになっています。


でも、科学的に照明される以前から、
そのことは広く知られた事実だったことが秋月医師の日記からわかります。


葉緑素と海の浄化力たっぷりの食物繊維でできている海草を組み合わせることで、
ヨードも持続的に補給できっるので、
今の現状では、昆布だしの海草入り味噌汁をたっぷり食べることでき、大きな安心を得ることができます。

購入はこちら>>>つぶつぶネットショップ http://www.tsubutsubu-shop.jp/

7)脱砂糖・脱スイーツ>>>体に良いスイーツ

砂糖や市販のスイーツ類を食べると、
放射線の被曝に対して抵抗力のない体が作られます。

未来食つぶつぶセミナーScene2では、大いばりで楽しんで、
解毒力、抵抗力、免疫力が高まり、冷え性も、便秘も、貧血も撃退する、
体に良いミラクルスイーツ術を学びます。ライブクッキングありの腸満たされるセミナーです。

http://tsubutsubu.jp/learning/pseminar.htmlまずはScene1から、雑穀のパワー活用の速効サバイバル術が学べます。




8)おいしい野菜料理を学ぶ>>>『野菜だけ?』『続野菜だけ?』


被爆で一番怖いのは体内被曝と言って、体の中に取り込まれた放射性物質です。
体の中で放射線を出し続け、細胞を攻撃し破壊します。
その結果、様々な健康障害が起き、最終的にはガンに犯されることになります。


そして、もっと怖いのが生体濃縮、体の中に入った放射性物質は、体の中に蓄積されると濃縮されるのです。


だから、被爆の害から逃げるには、動物性食品は一切食べない方がいいのです。


食物連鎖の上位の大型動物や、卵、牛乳の中には高濃度の放射性物質が詰まっています。
特に海が汚染されてしまった今、魚は長期的に食べない方が良いのです。


野菜の放射線量と、動物の方綾線動物性食品が無くても
おいしいおかずがたくさん作れるようになるオススメの2冊「野菜だけ?」「極野菜だけ?」で料理してると、
不安に思ってるヒマもないし、おいしさに、気持ちがポジティブになり、被爆の害も防げます。
http://www.tsubutsubu-shop.jp/item/1334.html




私から発信できるキラキラは何だろう・・・
と日々自分に問いかけながら。
今だからこそ。


4月のお料理教室、お申し込み受付中です。
環境汚染時代をたくましく生き抜くために。

知ることは大事。実践はさらに大事。
[PR]
by tsubutsubuland | 2011-04-02 15:34 | おすすめ

神門(ごうど)佳代 (株)フゥ未来生活研究所公認つぶつぶマザー*つぶつぶに出会って最高の人生をつかみました。伝えます、最高のおいしさ、最高のつぶつぶライフ!☆2011年11月に活動ネームを神門佳代にしました。


by 神門 佳代