ヌガーヌガーのヌガー職人

今日のヌガー
a0186159_1651773.jpg


黒ゴマきなこのヌガーなので、照り照りしています。


昨日のヌガー
a0186159_1655744.jpg
a0186159_166857.jpg


はったい粉のヌガーはサクサク感があります。


本当に毎日ヌガーを作り続ける私。

あぁ、幸せ。


昨日の夜は、さっぱりしたものが食べたかったので、
a0186159_1610594.jpg

続野菜だけ?にのっている「キャベツとワカメのさっと煮」
を作りました。

鍋を開けた瞬間、私が「あ~~~~~~~~~~」
と言ったので、パン侍が
「どうした??」
ってかけよってきました。

「今あまりにも、キャベツとワカメから、いい匂いがしてきたから、一緒に波動共鳴してうたっとったんよ~」

「あ、そっちね。かよの『あ~~~~』は、感動したときと、しまった!!のときと2種類あるけん」

というくらい、感動の匂いの一品でした。


a0186159_1613393.jpg

学校に持っていくお弁当はこんな感じです。
ヒエとニンジンで作るフライ。


a0186159_16144768.jpg


サツマイモが手に入ったときのおやつは、おいものコロコロ蒸しまんじゅう

野菜だけ?に載っています。



**************************

先日、美容院に行きました。

ブログでも紹介させていただいたことがある、rogerさん。

今回も、髪切り職人の技で、すばらしいカット術でした。
(カリスマ美容師とは言わない・・・髪切り職人は私の中でまた違ったニュアンスを持っている)

ロジャーさんは、今年で4周年をむかえられるそうです。
オーナーの河口さんよりいただいたお手紙には、彼の仕事に対する想いが書かれていました。

“365日24時間ほとんど仕事モードです!これが普通です。
これぐらい仕事のことを、考えられないとお客様に支持されません!
だから近隣の美容院に負けません!
遊び半分ではなく、本気で取り組んでいます。”


一部を抜粋させていただきました。


カット料金は市場調査をして、東広島市で一番高い料金を設定されたそうです。


すばらしいと思います。
まさにプロ仕事。職人技です。


彼の切る姿を見ていたら分かります。
本当に職人です。

私も、お料理教室なのに、つい、もくもくと作ってしまって、「しゃべりがたりない」
とお叱りを受けたこともあるくらい、そこに集中してしまいます。

そして、出来上がったものを芸術作品としてながめて、味わって楽しむのが喜び。

彼もまた然り。

余計なおしゃべりはいっさいなし。
ただひたすらもくもくと切る。

できあがったスタイルを「この川の濁流のようなうねりが、見てください!芸術作品です!」
と見せてくれます。


いや、本当にすごいです。

私の髪は天然ウェーブがかかっていて、パーマをかけなくても、自然にウェーブがつくのですが、
下手したらもう、くせっ毛でどうしようもなくなるだろうと思います。
それをうまく生かして、濁流のうねりのような流れを作る。
私も毎日鏡で見ては、そのヘアースタイルに拍手を送りたい気持ちになります。


こうして、プロ仕事をしている人とお付き合いできるのは、本当に嬉しいです。
自分と同じようなプロ意識をして仕事をしている人。
本当に共感します。


芸術作品を作るのは本当に楽しい。
絵、音楽、歌、ヘアースタイル、服。
私の心躍る瞬間。

ロジャーさん。
ぜひ行ってみて下さい!!

roger


他にもいました!
広島の石釜パン屋さん。
ドリアン

の店長の田村さん。

彼も絶対このタイプだ~って思ってたら、やっぱりブログに同じような記事が載ってた。
2005年の記事。

パン屋は芸術家であるべきだ

リンクしたいな~。たぶん、ドリアンさんもそうだろうな~って思ったら、2005年の記事にぱっとリンクしたよ~。わーい。
[PR]
by tsubutsubuland | 2011-05-23 16:43 | おすすめ

神門(ごうど)佳代 (株)フゥ未来生活研究所公認つぶつぶマザー*つぶつぶに出会って最高の人生をつかみました。伝えます、最高のおいしさ、最高のつぶつぶライフ!☆2011年11月に活動ネームを神門佳代にしました。


by 神門 佳代