あなたが持って生まれた花の種

未来食サバイバルセミナー&天女入門セミナーin安芸の宮島大聖院まであと1週間

今朝の広島は神々しいさわやかな朝です。
庭の梅干しもうっすら朝露をあびて、しっとりと目覚めを迎えています。

来週の今日は、こんなさわやかな朝、天女入門セミナーがスタートするのですね。

本当に毎日がわくわくです。

昨日は、尊敬する方の素晴らしさを実感させていただいた一日でした。
女性が解放されて生きるということを実践してこられた、大先輩、ゆみこさんよりもさらに先輩のマザー芙佐子さんのお話を聞く事ができました。

一つ一つの言葉に重みがあり、そして、驚くほど素直であり、本当に素敵な方でした。

マザー芙佐子さんは、広島市で今から35年前、某フランチャイズのパン屋さんとしてお店をスタートされました。「ガラス張りで華やかな夢とスィートを売るタイプの店から始まりました。(マザー芙佐子著 パン ・・・小麦粉委託栽培、製粉から開店までより以下引用)

しかし、お客様のから「このパンの材料を教えて下さい」という一言で、芙佐子さんのパンへの思いは一転します。冷凍生地を焼くだけのパン屋を卒業して、安心できる食べ物としてのパンを作ろう。
加工業者として、当たり前のことを当たり前にやっていくことをまず第1に考え、それを実現するにはどうすればよいのか、ひとつひとつ整理するところから再出発しました。

そうして設立した「カントリー・グレイン」がひたすら追い求めたものは「よい食物とは?」でした。どんなに周囲がかわろうとも、安心して確実に進んでいけるレールの上に乗っている不思議な安堵感があり、意欲は湧き出る泉にも劣らないほどでした。

経営管理を第1に考えたら、きっと私たちの現在はなかったはずです。経営管理より、人生管理としての土台を全うしたい。自分が試して、これぞ、と思えたものを社会に提案・提供させてもらう。そんな動きができる。こんな素敵なことができる。
パン屋をめざす人が、経営管理者にとどまらず、食の芸術家であり、生命の管理者であってほしいと願い、同じ思いの方にエールを送る気持ちで本書をまとめました。(著書 まえがき より)

カントリーグレインといえば、広島では知らない人はいないというくらい、有名な天然酵母パンのお店です。歴史も古く、草分けてきなお店です。

きれいな水を求めて、広島市内から、福富町の山奥に引っ越してこられました。
周囲からは「絶対そんなところでは、売れない」と猛反対の中、いいパンを作ることだけを考えて、ボロボロの古民家を改築しながらのスタート。
「最初の3年は土方でした。タオルをまいて、どろどろになって、片付けるところからでした。」

とエピソードは続きます。

その、マザー芙佐子さんが、広島セミナーに参加してくださることが決定しました。

これは、ゆみこさんをはじめ、つぶつぶスタッフさん、そして私も本当に嬉しいことでした。

芙佐子さんも、生死をさまよう病気を克服され今に至っておられます。

そして、去年、階段から落ちて、意識を失い、集中治療室に入られるほどの事故がありました。
しかし、奇跡的な回復力で、ご健在です。
「まだ私にはお役目があるのでしょう」
とおっしゃっておられました。
全国をまわり、講座を開いておられます。

マザー芙佐子さんは、8月6日にはすでに予定が入っておられたにも関わらず、それをキャンセルして、こちらのセミナーに来て下さいます。

ゆみこさんからの手紙が到着してから、もう、二つ返事での申し込みでした。

このセミナーは響く方にはちゃんと響くのだと思いました。

本当に、あるときピンっと感じる。

もう、ずっとそこに集まるようになっていたのかもしれません。

私は、いろ〜〜んなタイプの人に集まってほしいと思っています。

私はどんなにまねをしても、あたなにはなれないし、あなたも私にはなれません。

それでいいのです。

オリジナルビューティー。

いま、悩みを抱えている人も。私なんてと自信のない人も。今こんなに幸せで、もっと幸せになってもいいの?!という人も。

申し込んで、キャンセルして、また申し込んでもいいのです。
たくさん迷って決断して下さい。

あと1週間というところで、私は、こんなことをするのが大好きだったことを思い出しました。
イベントを企画して、運営する。世話役。
いつの記憶だろうか。小学校の頃?もっともっと古い記憶?
よく分からないけど、血が、細胞が喜んでいる。

つぶつぶに出会わなかったら、こんな経験できなかっただろうな。
な〜んもとりえのない、主婦で、ネットショッピングが唯一の楽しみみたいな自分だっただろうな。

持ってる才能も開花させる事なく、本当にバチあたりな私だっただろうな。

みんな、この世に花の種を持って生まれて来ました。

ゆみこさんや、芙佐子さんのように、一大事業を成し遂げた方だけではありません。

一人一人みんな持って生まれたのです。

しかし、私はつぶつぶに出会わなかったら、それを植える方法も分からなかったし、育てることも知らなかったし、どうやって花を咲かせ、実を付けさすのかも分かりませんでした。

いつも、私なんてと思っていました。

つぶつぶというのは、とても不思議な力を持っています。
その人の魅力を最大限に引き出してくれるのです。

2011年8月、宮島の女神様のもとに集まって、みんなの花の種をもちよりませんか

どんな花が咲くのかね〜といいながらうふふと未来を創造しませんか

ゆみこさんはゆみこさんの、芙佐子さんは芙佐子さんの、私は私の、あなたはあたたの、まだ咲かせてない花の種があるはずです。

色とりどりの花が咲いたら。素敵だと思いませんか。

最後に、マザー芙佐子さんが、カントリーグレインのお店に置いて下さったメッセージをのせます

女性が真の人間としてのたましいレベルからの美しく自由な人生を築く根本的な解決。日々のあり方、社会とのかかわり方を、すてきな責任ある自由人ゆみこ先生は、セミナーを通してその要をわかりやすくお伝えされております。
その人、その方の心の琴線にふれる愛のセミナーなのだと感じます。私も親しくさせていただいている大森佳代様(お世話役のお方)、又、多くのご参加者様のご体験からも、みえないしばりからの解放からわき出ずるよろこびの第一歩のきっかけに、きっとなられ新しい人生の自分史の1ページに踏み出される事への確実性故におすすめしたくペンをとりました。
幸せな人生への具体的対処法を体感される良きチャンスになられます事を記念しつつー。

                 カントリーグレイン相談役 マザー芙佐子
                 発芽酵素食協会代表
by tsubutsubuland | 2011-07-31 07:46 | ゆみこの天女セミナー

神門(ごうど)佳代 (株)フゥ未来生活研究所公認つぶつぶマザー*つぶつぶに出会って最高の人生をつかみました。伝えます、最高のおいしさ、最高のつぶつぶライフ!☆2011年11月に活動ネームを神門佳代にしました。


by 神門 佳代