「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:こども( 4 )

つぶつぶ子育て

こんにちは〜〜〜〜

お久しぶりです。
早いもので、東京に来てから半年とちょっと過ぎました。

毎日密度の濃い日々です。

今日はシーン1。

参加者のみなさんのキラキラした笑顔に出会えて嬉しい日でした。


“つぶつぶ.JP”では、らくちん子育ての無料動画プレゼントキャンペーン中です。



つぶつぶに出会って、私の場合どう子育てが変わったかというと・・・・・・・

そ〜だな〜、たくさんありすぎて、書けないくらい変わった気がします。

一番はやっぱり「子供を信頼する」ことができるようになったことだと思う。

つぶつぶに出会う前は、子供=弱いもの、大人がいなければ何もできない
などなどという、どちらかというとネガティブな思い込みがありました。

母親は自分を犠牲にして、子供のためにすべてを捧げなければならない
みたいな、ね。

つぶつぶに出会ってから、子供を信頼できるようになりました。
きっと自分を信頼できるようになったからだよね。

子供=大人と同じ1人の人間
として見れるようになりました。

それに、ごはんがあれば、とりあえずOK
ということも覚えて

我が家は本当に楽をさせていただいています。

子供はこどもの世界で、ちゃんと自立して、初めての東京でも
ブイブイやってます(笑)

私が仕事で遅くなっても、子供達だけでごはんさえ炊いてあれば常備菜や、あるもので
ご飯をすませ、ときには自分たちで作り、お風呂に入り、お布団で寝る!

つぶつぶ子育てを知らなかったら、こんなことはできなかっただろうな〜〜〜

お互いが自分をしっかり生きているから、親も子も好きな事をしまくって
毎日を生き、未来を創造することができる。

素晴らしいと思いませんか。

そして、「つぶつぶ料理」のいいところは、誰にでもできるところ。
もちろん子供にもできちゃいます。

一昨日、次女がクッキーを作ってくれました。
これが、ほんとうにおいしくて、みんなで感動しました。
私でもあそこまでおいしく作れるかどうか、というくらい!

長女のカレーもかなりおいしいです。

そして、料理のりの字もしらなかった夫が、今では立派にボナ!つぶつぶのシェフを
務めています。

これをミラクルと言わずして何と言う?!!

幸せで24時間笑顔の佳代なのでした。

\\\\\\\  ☆★☆  ///////
雑穀と野菜のベジタリアン料理で心と体のバージョンUP!
未来食サバイバルセミナーScene1(シーン1)
日程:11月25日(日)東京・つぶつぶカフェ早稲田店
        12月16日(日)兵庫・神戸学生青年センター
時間:9:00~21:00
講師:つぶつぶクリエーターゆみこ
参加費:38,300円(つぶつぶグルメ体感交流パーティー含む)
詳細&申込み>>

by tsubutsubuland | 2012-10-27 21:59 | こども
休日になると我が家では裕司さんの練習をかねて、パスタやピザが食卓に並びます。
先日のパスタはラグーソースのパスタでした。
(下の写真のパスタは子ども作ではなく、裕司さん作です・・・)

a0186159_22433496.jpg


子どもたちもせっせとお手伝い。

例えばみそ汁1ℓ作ろう!という時に、
「8:2で味噌はかっておいて〜」
と言えば、麦味噌80gに豆みそ20gを計ってボールに入れてくれる頼もしい長女のあみです。

味噌炒めやカレーも作れるようになりました。

教えたわけではなく、お母さんのそばでずっと見ていて、
「じゃあ、作ってみよう!」とレシピを渡して、
レシピを見ながら、作れるようになりました。

つぶつぶレシピは本当にシンプルなんだなと思います。
子どもでも男の人でも本当に簡単に作れてしまう魔法の料理!

最近つぶつぶカフェでは、豆皿に「漬け物」本に掲載されている料理を出す事が
多いのですが、やさいに漬け物をのせて蒸すだけなのになんでこんなにおいしいの〜〜!!
という本当にびっくり!レシピが満載です。
>>「おいしい漬け物料理術」の本で漬け物三昧!

子どもにも、どんどんやらせてみて下さいね。
ほっておいたら、結構やります。
(あんまり横から口をはさまないのがコツ!)

味や切り方はお母さんのを良く見て、味わっているので、
なかなかいいものを出してきます。

あとは子どもを信頼することです。

最近お昼ご飯のおかずを自分たちで作ることもあって、
今日はピーマンの味噌炒めを作ったそうで、ちょこんと
ひとくちだけお母さんのを残しておいてくれました。(そこがかわいい・・・)

そういえば、未来さん(つぶつぶ総シェフ)や優気ちゃん(つぶつぶマザー2期生)も、
小さい頃から料理をしていたんですよね。

呼吸をするように、当たり前のように、誰もが料理をするって
すごいことのようで、本当はごく自然なことなのかもしれません。

あたりまえのように、自分の食べるものは自分で作る。
生きる基本ですね。

さて、そんなつぶつぶ料理術、そして生き方を学べるセミナー、
久々のゆみこさん講師

*****************
 雑穀と野菜のベジタリアン料理で
   体と心のバージョンup!
  『未来食サバイバルセミナー』
 8月26日(日)つぶつぶカフェ早稲田店にて
    詳しくはこちら>>
  
*****************

まであと3日となりました。

今日もつぶつぶカフェは大にぎわい!

赤ちゃんから散歩途中のおじいちゃんおばあちゃんまで。
幅広い年齢層のお客様でいっぱいでした。

はりきって仕込む料理もつぎつぎとお客様のもとへ行き、
嬉しいかぎりです。

パフェも毎日限定4つがあっという間にでていきます。

最近、あらためて思う事は、
「雑穀でメインを作ることを考えたゆみこさんはすごい!、ありがとうございます感謝♡」
「雑穀でスイーツを作ることを考えたゆみこさんはすごい!、ありがとうございます感謝♡」

です。

いや本当に。

だって、毎日、「物足りない〜〜」ってことがまったくないのだもの〜〜
いつも満たされていて幸せ

これってとても大事なことですよね!
つぶつぶに出会えてほんとに幸せです。

知らない人に教えてあげたい!!

セミナーどうしようかな・・・と迷っている方、
迷うより行動です。
動いてみれば結構楽だったりしますから。

清水の舞台から飛び降りるとかではなく、
気軽に、未来食つぶつぶセミナーシーン1にお越し下さいませ♡
by tsubutsubuland | 2012-08-23 23:31 | こども

今日はお休みの日だったので、子どもたちは家にいました。
「おか〜さ〜ん、ドーナツ♡」
「ドーナツ♡」
「ドーナツ♡」

顔を見るたびにドーナツ♡なので、よーし、作るか!と
いきたいとこだけど、引っ越し作業やらテストの採点やらわんさか
片付けなければならないことがある。

ので。
お母さんはさか〜っともちアワを炊き。

あとは、君たちでやんなさい。

と言ってみた。

2単位分の材料を計算して紙に分量を書いて。
あとは、近くで仕事をしている私にたまに聞きにきて、
あっという間にもちアワドーナツができました。

写真をとればよかった〜〜〜
揚がったのからぱくぱく食べたので、なくなっちゃったです。
女子3人で、2単位のドーナツ。
あっという間でした。

ごちそーさまー♡


そして、「今日のよるご飯なに?」
と夕方になると、顔を見るたびに・・・・
「何かな〜?」(あまり考えていない)

「手粉用に出しすぎた小麦粉がたくさんあるから天ぷら。」

「でも、野菜が、ジャガイモとネギと白菜と大根とにんじんとタマネギしかないよ。」

「ジャガイモ天ぷら〜〜〜」

「いやいや、それはないでしょ。」

ということで、小麦粉は味噌ジャガコロッケのとき粉として使う事に決定。

昼間の成功の味をしめた母は、またもや、「あみちゃん作って♡」
と甘えてみた。

姉妹二人でみそ汁と味噌じゃがを作って、みおが、階段を駆け上って
「ピピ(タイマー)がなって、フタを開けたら味噌ジャガがぶくぶく言ってるよ!」
と呼びにきた。

「??」

そこには、たっぷりの汁につかったジャガが浮いているのでした。

「あみちゃん、カップ1の水入れた?」
「1リットル・・・・」

な〜るほど。

カレーっぽい感じだったので、カレー粉を入れてみた。
ジャガイモがそのままごろごろ入ったおもしろいカレーが出来上がりました。

なんだか、嬉しいな〜。
子どもたちにご飯とおやつ作ってもらっちゃった!

コロッケにできなかったので小麦粉は揚げパイとなりました。

明日の朝のご飯もついでに精米してセットするのを頼んで
また仕事に向かって下に降りたときには、もう、明日の朝ご飯が炊けていました。
タイマーというのを忘れていた・・・・

子どもクッキングは、想像しないハプニングが続出するけど
とってもおもしろいです。

しかも、自分たちで本を見て、最初から最後まで作るという、
結構すごいですよね。

でも、いっつもお母さんの料理を近くで見ているので、
ちゃんと食べれるものができました。

頼もしいかぎり。

子どもの成長っていいですね。

まるで、植えた柿の木が生長して実をつけて食べたときのようです(おかしなたとえ?)

子どもたちは、おいしくて、動物も殺さなくてもいい、
つぶつぶが大好きです。

きっと広めてくれることでしょう。

今度は何を作ってもらおうかな〜♡
by tsubutsubuland | 2012-03-04 23:34 | こども

お誕生日

2月1日は長女亜未の誕生日でした。
7年前のこの日に元気よくこの世に産まれてまいりました。

誕生日といえばパーティー。ケーキにごちそう。
お母さんは大変!!な日でもあったりします。
大人になったらみなさんにありがとうを言う日ということで、いろんな形で感謝の気持ちを伝える方もおられます。
とはいえ、まだ7歳になったばかりの娘。
私はちょうど出勤日で、夕方まで中学校にいましたので、帰りが遅くなるわけです。
それからお買い物をして、作るとなるとパーティーが始まるのはいつになるのやら・・・
なので、“日曜日にパーティーしようや”といったのですが、当日がいいとのこと。
しかも、私は朝から声がガラガラで、微熱。
う~ん!!
こうなったら超簡単にお祝いしようではないか。
幸いパン侍は仕事が休みだったので、あれこれ手伝ってもらい、
アマランサスの和風パスタとつぶプルのパフェというシンプルメニューでいくことにしました。

でも、こんなんでいいのかな~、もっとしてやりたかったな~。亜未ちゃんごめんね。
と思っていたのに、本人はとても満足そうで、
“亜未すごい楽しかった~。パスタもつぶプルもすごくおいしかった~”
と本当に嬉しそうでした。
子供って欲がないんですね。
パーティーってごちそうドーンみたいなイメージがあるけれど
そういう物質的なものではなくて、7年前の今日あなたが産まれてきて本当に嬉しかったんだよというのをみんなで確認しあうだけで、そして自分の大好きなメニューがテーブルに並ぶだけで
それだけで、あぁ、私は生きていて嬉しい!!と
感じる・・・
そんな日なのかもしれません。

大人の先入観をパコっとくつがえすこどもの柔軟なとらえかた。
見習いたいです。

なにはともあれ、お誕生日おめでとう。
大事に育てますので。これからもよろしく!!
by tsubutsubuland | 2011-02-02 09:57 | こども

神門(ごうど)佳代 (株)フゥ未来生活研究所公認つぶつぶマザー*つぶつぶに出会って最高の人生をつかみました。伝えます、最高のおいしさ、最高のつぶつぶライフ!☆2011年11月に活動ネームを神門佳代にしました。


by 神門 佳代