カテゴリ:未来食サバイバルセミナー( 18 )

つぶつぶで女子力UP

9月に入りました。
私もカフェの新作研究と、音楽活動でますます毎日密度来い日々を過ごしています。

8月から未来食セミナーScene1の講師をつぶつぶグランマゆみこからつぶつぶマザーにバトンタッチし、各地から素敵な受講生の方が集まってセミナーが行われています。

最近つぶつぶにいらしゃるお客様、セミナー受講生の方、みなさん奇麗な方ばかりで
女子力UP~~~!と思っています。
いいですね。

たしかにつぶつぶを食べ続けるとどんどん美しくなるのは確かです。

先日大好きなつぶ友が、
「つぶつぶは記憶をクリーニングする食べ物」
と言っていました。

そっか〜〜。とすごく納得!

それだけでキレイになりそうですよね。

さて次回の未来食セミナーScene1は9月9日(月)9:00〜つぶつぶ早稲田2階セミナーホールにて。
参加費 33,300円(試食ランチ付き)
講師はつぶつぶマザー髙橋万帆さんです。

万帆さんもいつもキラキラ笑顔いっぱいの奇麗な方ですよ。

>>万帆さんのブログはこちらから

万帆さんの素敵な体験が満載です。


さあ!あなたも未来食セミナーを受けて女子力UPしましょう〜!
by tsubutsubuland | 2013-09-01 21:18 | 未来食サバイバルセミナー
9月12日(木)〜16日(祝月)に、山形で4泊5日の合宿セミナーがあります。
なんとここでScene2とScene3が一気に受講できます。

合宿は本当におすすめです。
私もつぶつぶに出会ってから何度となく合宿で食や天女の学びをしてきましたが、
日常から離れて学びに集中する事で、グーンと成長度が上がります。
たくさんの気づきがあります。

私はまだサバイバルセミナーが食術3日、スイーツ2日の講座だったころ、食術は軽井沢、スイーツは香川まで行って受講しました。
つぶつぶをしているとフットワークが軽くなってどんなところでもすいすい行けるようになります。

秋の実りの時期に、めったにないチャンスです。
オープンハウスを逃した!!という方にもぜひおすすめです。

エネルギー溢れる山形いのちのアトリエ。
アトリエから帰って来たら、なぜか女子力が急上昇したオフィスのスタッフ、
すごいデトックスをしてすっかりスリムになったスタッフ。
きっと場のもつエネルギーと浄化のパワーがすごいのでしょう。

ということで、つぶつぶオフィスのちかちゃんからのご案内です。

↓↓↓



もし、あなたが

  「食と生活を一気に転換したい!」

  「自然と調和した暮らしがしたい!」

  「田舎暮らしがしてみたい!」

と思っているのなら、
今日のお知らせを見逃さないでくださいね。



なんと、今回
【4泊5日・合宿セミナー】の開催が決定しました!!


未来食セミナーScene2&3を一気に受講できるチャンス。
会場は、山形県・小国町にある「いのちのアトリエ」です。



いのちのアトリエは、
つぶつぶグランマゆみこの暮らしの拠点。
大自然に囲まれ、まわりに1軒の民家も見えない、エネルギーの高い異空間。

緑豊かな木々に囲まれ、
畑には七色の雑穀がたわわに実り、
上を見上げると電線の1本もない広~い空が広がっている・・・

そんな空間で
セミナーを受けてみませんか。


未来食セミナーScene2とScene3を
4泊5日で受講できる合宿セミナー、



日程は
9月12日(木)~16日(月祝)です。
=====================


人数限定、【12名】での開催!



セミナーを受けて一気に食と暮らしを転換、
さらに大自然の中での暮らしを体験するチャンスです。

詳しくは、下記をご覧ください
   ↓ ↓ ↓

合宿セミナー詳細>>
http://www.tsubutsubu.jp/news/#news10

いのちのアトリエについて>>
http://www.tsubutsubu.jp/concept/#inochi




もし、あなたが
まだ「未来食セミナーScene1」を受講されていないのなら、
9/11までにScene1を受講すると
この合宿セミナーに参加できます。


未来食セミナーScene1は、全国で開催中!
一番近い日程だと、

◎ 8月29日(木)山梨県身延(講師:宮川昌代)
◎ 8月30日(金)滋賀県彦根市(講師:大森かおり)
◎ 8月31日(土)東京都早稲田(講師:篠沢真紀子)

があります。

その他の日程はこちらから>>
http://www.tsubutsubu.jp/seminar-booking/





この合宿セミナーについて、詳しくは
メルマガでもまたお伝えしていきます!!

めったにないチャンス、楽しみにしていてくださいね。


          つぶつぶナビゲーター
          坂本智佳子



● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○
セミナー日程・詳細>>>

  ☆おいしく食べて、サバイバル!☆
  未来食セミナー Scene1
  http://www.tsubutsubu.jp/seminar-miraishoku/

  ~1日で~
  本当の食べ物を見分ける感性が開く
  情報にふりまわされなくなる
  食の土台を構築する設計図で、食を変えていく方法が分かる
  おいしいと健康が共存する速効料理術が身につく

  日程:
   8月29日(木) 山梨県身延(講師:宮川昌代)
   8月30日(金) 滋賀県彦根市(講師:大森かおり)
   8月31日(土) 東京・早稲田 つぶつぶセミナーホール(講師:篠沢真紀子)

  時間: 9:00 ~ 18:30 (+交流パーティー ~ 20:30 or 21:00※ )
  参加費: 33,300 円 (+交流パーティー 3,000 or 5,000 円 ※ )
   ※ 交流パーティについては会場により異なります。詳しくはこちら>>

 上記以外でも、全国のつぶつぶマザーが
 北海道・青森・岩手・千葉・埼玉・東京(渋谷 / 三鷹)・
 神奈川・山梨・石川・滋賀・兵庫・宮崎・熊本で開催中!

 ★全国の日程は>>
 http://tsubutsubu.jp/learning/application.html

● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○
つぶつぶグランマゆみこ最新刊 >>>

 愛を込めて書き綴った本が発売になりました。
『ごはんの力  – ヒト遺伝子をオンにするつぶつぶ遺伝子 – 』
  http://www.tsubutsubu-shop.jp/category/332.html

● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ● ・ ○
by tsubutsubuland | 2013-08-29 08:14 | 未来食サバイバルセミナー
今日はつぶつぶマザー更田恵子さんのメルマガを紹介します。

泣く子も黙る超甘党の彼女が砂糖のいらない、かる~い甘党に変身したストーリーです。

私もスイーツ大好きだったので、気持ちがよく分かります。

そしてその前の2つのストーリーもけこちゃんの貴重な体験談が綴られていますのでどうぞ!!

********************************


こんにちは。



石川県金沢市で活動している、

つぶつぶマザーの更田恵子(ふけたけいこ)です。



3回連続でお送りしている

私の体験談、今日が最終回です。



第1回、第2回を見ていない方は

下記から見てください。



「ガマンをして得られるものこそ健康なんだ」

と思ってた私>>

http://anyatonetubutubusan.blog.fc2.com/blog-entry-104.html



常夏の楽園は

心身の食源病に浸食されていた>>

http://anyatonetubutubusan.blog.fc2.com/blog-entry-107.html







私は今、つぶつぶマザーとして活動することができて、

本当に幸せです。



一人でも多くの人につぶつぶを知ってもらいたい。

つぶつぶの心と技で、身体を調え、心を調えれば、

今の生活を何十倍も楽しめることを伝えたい。



心から、そう思っています。



それは、つぶつぶに対して半信半疑だった私が、

思い切って飛び込んだ結果、

たくさんのミラクルが自分自身に起きたからこそ、

自信を持って言えるのです。



昨日書いたように、私が最初に受けたセミナーは、

ミラクルスイーツセミナー(現:未来食セミナーScene2)でした。

以前の私は、何を隠そう、泣く子も黙る(!?)超甘党。

甘いもの無しでは生きられない、

逆に、甘いものがあれば食事がなくても平気という筋金入りでした。



飴を袋で買ってきて、ガリガリ10分ぐらいで

平らげてしまうこともあたりまえ。

生チョコが流行り出した時は、

分厚い200円の板チョコを2枚一気に食べても、

もの食べたりないぐらいでした。

何かしら理由を付けては、

アイスクリーム3段重ねを、

友だちとよく賭けてみたり。



10円入れてガムの出てくるおもちゃまで買ってきて、

ガチャガチャガチャガチャ、

着色料だらけのガムをひと袋、ふた袋、

憑かれたようにかんでいました。



異常でした。

でも、やめられませんでした。

砂糖中毒だったと思います。



お菓子作りは、子どもの頃からの趣味であり

特技でもありました。



はじめて自分で作ったおやつはチョコバナナ!

小学校1年か2年の頃だったと思います。

溶かしたチョコレートをバナナにかけ、

おねだりして買ってもらった

カラフルなスプレーチョコで飾り付けして。。。

心を躍らせた日のこと、今もはっきり覚えています。



4年生でパンも焼くようになりました。

6年生の謝恩会の演目は、3分間クッキング。

最後に出来上がった苺とチョコの2種類のロールケーキを、

先生にプレゼントする演出付きでした。



毎日のように作るので、だんだんと腕も上がってきました。

生クリームでデコレーションしたふわふわケーキや

甘~いババロアなどを作るのが大好き。

上手にできると家族が喜んでくれるのがまた嬉しくて、

本当によく作ったものでした。



そんな私に転機が訪れます。



あれは大学3年生の頃。

経済学の授業で、それまで考えても見なかった現実を

教えられたのです。



私が嬉々として作っていたスイーツが、

みんなの健康を蝕むものであること。

さらには地球をいじめているということを。



それを知った時は本当にショックでした。



みんなを笑顔にするスイーツ。

あの色、あの香り、あの感触。



スイーツが持つ、その場を和やかにする不思議な力で、

みんなをハッピーにしたい!

そう思ってせっせと寝る暇も惜しんで作っていた自分が、

どうしようもなく愚かに思えました。



実はみんなを不幸にしていたのか。

落ち込みました。



そして、あんなに大好きだったスイーツ作りを、

封印してしまいました。



代わりに、いわゆる「健康食」や「自然食」について

調べ始めました。

そして、片っ端から実践を続けました。

確かに、やってみると、健康になったように感じました。



でも、意固地になって周囲の反発を受けて孤立したり、

私自身も「おいしさ」や「楽しさ」という点では

なかなか満足が得られませんでした。



結局、試しては飽きて、試しては飽きて、の繰り返しで、

いろいろジプシーする日々でした。



一方、お菓子作りはやめられても、

自分がお菓子を食べることはやめられませんでした。



デザートを食べるために、

ごはんを抜くこともしょっちゅう。



レストランでも、ごはんは半分か無しでお願いして、

代わりにアイスクリームを注文していました。



西洋栄養学をかじり、

カロリーとかビタミンの類が気になり出して、

ノンカロリーや低カロリーのドリンクやスイーツを、

コンビニで買っては飲み食いしていました。



健康や食の安全を学び始め、理性では、

砂糖や添加物も悪いとわかっているのに、

やめられませんでした。



この私に限って、甘いものだけはやめられるはずがない。



半ば開き直っていました。



実は、セミナーに通い出してからの数ヶ月も、

いつもの習慣で、職場にはチョコの入った箱菓子を常備。

休み時間になるとつまんでいました。



でも、つぶつぶグランマゆみこの、

「自分の家を、つぶつぶのスイーツでお菓子の家にしてしまえばいいのよ~!」

のひと言を思い出し、せっせとつぶつぶスイーツを作り始めました。



そして、食べる食べる食べる食べる。

一単位を、たいてい一人でぺろっと平らげていました。



同時に、普段の食事も、

シンプルなつぶつぶ食に切り替えていきました。

ごはん抜きの生活から、

ごはん、ごはん、ごはんを楽しむ毎日へ……



はじめは、いくらつぶつぶとは言え、

スイーツを食べ過ぎていたと思います。



でも、そうこうするうちに、自然と、

市販の箱菓子に手を出さなくなり、やがて、

つぶつぶスイーツの量も減っていったのです。



つぶつぶの食生活に切り替わったら、超甘党から、

「砂糖のいらない、かる~い甘党(笑)」

に変わっていきました。

これは、本当に奇跡のような事実でした。



なによりうれしかったのは、つぶつぶスイーツは、

砂糖や動物性をいっさい使わない、

身体も地球も喜ぶスイーツたち。



だから、堂々と作って人にもプレゼントできることでした。



私の趣味、「お菓子作り」の封印が、

正々堂々と解かれたのです。



つぶつぶのスイーツも、料理同様、

基本はとってもシンプル。

でも、凝ったものだって楽しめます。

またパティシエ魂が目覚めてきて、週末は、

ゴージャスなスイーツ作りも楽しんでいます。



砂糖からの脱却をはじめ、

つぶつぶによって私の食生活が調うと、

身体だけではなく、私の心の状態も

変わってきたように思います。



私は、机に向かっている割に成績が悪い子でした。

中学生の頃、先生に注意を受けた時も、母親が

「でも恵子はよく勉強してるんですけどねぇ」

と言い返してくれたぐらいです。

大学受験の時も、

「恵子はよくがんばってるよ。

もし受験がうまくいかなかったら、お菓子職人の道でがんばればいいよ」

と慰めてもらいました。



振り返れば、私は、気持ちが散漫で、集中力がなく、

ぼんやりしていることが多かったのです。



加えて、おっちょこちょい、優柔不断、短気、泣き虫で、

気分にムラがありました。

躁鬱なところがあり、落ち込むと死にたいと

思うことさえありました。



そして、これは性格なのだからしかたがない、

努力して、ひとつずつ、克服していかなければいけない、

それが大人になることだ、と思っていました。



しかし、大人になってその性格は改善されるどころか、

大学に入り、外食が増えると、

ひどくなっていくようにすら感じられました。



夢にまで見た楽しいはずの大学生活。

しかし、気持ちの浮き沈みが激しく、

嫌になることも多くなりました。

上の空のことが多く、友だちとの帰宅途中、

「ちょっと、恵子、聞いてないでしょ~!」

と言われて、はっとすることがありました。

悪気はないけど、いつの間にかどこかにワープしていたんです。



「あー、今日も友だちの話聞いてなかったな~」

と、自己嫌悪に陥ることもありました。



それが、砂糖中毒から脱出し、

さらに、つぶつぶ食生活が定着したことで、

いつのまにか、上のどれもが自分の性格とは

言えなくなっていることに気づきました。



食を調えることで、落ち着きも集中力もある、

穏やかな性格になっていたのです。



今、日本でも、たくさんの若者が心の病を抱えています。

そして、それは、日本だけではなく、夫のふるさとアメリカでも、

私の第2のふるさとミクロネシアでも深刻です。



私は、その多くが、食で改善できると確信しています。



私には信念があります。



世界中の人々が、

自分の国に誇りを持ち、

お互いを尊重し、

お互いの伝統を大切にし、

健全な心身を手に入れ、

平和を謳歌する世界、

笑顔あふれる明るい世界を作ること。



そして、それは、「食」の平和な革命で叶うのだということ。



つぶつぶグランマゆみこは言いました。



「食で世界をひっくり返そう!」



人間にとって、欠かすことのできない毎日の食。

だからこそ、本当に食で世界はひっくり返るんだ。

私はそれを確信しています。



そのために、

つぶつぶの心と技を体得する女性が、

あたりまえに日本を埋め尽くし、

あたりまえに世界を埋め尽くすことを目指して、

つぶつぶライフを思いっきり楽しみながら、

つぶつぶの輪を広げていきます。



目下の目標は、北陸をつぶつぶで盛り上げること。

7月、8月と、未来食セミナーScene 1を開催しました。



拠点である金沢での「未来食セミナーScene2」の

来年度開催にむけ、10月も20日(日)、31日(木)の

2日間、未来食セミナーScene1を開催します。



幸福度指数上位3位を占める北陸3県、福井、富山、石川。

幸せいっぱい元気いっぱいの北陸人に

つぶつぶパワーが広がっていったら、

ミラクルが起きる、とワクワクしています。



TUBUTUBUを世界共通語にするべく、私も動き出します。

その第一歩として、2013年夏、

夫の故郷アメリカでも料理教室や食事会を開いてみます。

ブログでの報告、楽しみにしていてください!



   私のブログ

   『北陸石川金沢で雑穀料理を楽しむ毎日♪あんやとね~つぶつぶさん♥』

   http://anyatonetubutubusan.blog.fc2.com/





帰国は9月下旬です。



宣言します。

つぶつぶ未来食が世界中であたりまえになって、

私を大きく温かく包み込んでくれた第2のふるさと、

ミクロネシアにも恩返しする日が来るまで、

私は走り続けます。



遠回りしたようだけれど、この遠回りは、

決して遠回りじゃなかったんだ。

失敗や挫折、絶望があったからこそ、

今の私があるんだ。

そう思います。



これまでの経験ひとつひとつが、

とてもいとおしく、

また感謝の気持ちでいっぱいです。



来春、私は40になります。

不惑の年を前にして、惑うことのないどっしりと構えた

自分に到達することができました。



迷いだらけだった以前の私には、

想像もできないミラクルです。



フツーの私がつぶつぶのセミナーの扉をたたいて3年半、

とても大きく成長しました。



そして、今も大進化中です!



この秋、あなたに会えるのを楽しみにしています。





              つぶつぶマザー

              更田恵子



              おわり(3/3)



:::::::::::::::::::::::::::::::

      セミナー日程・詳細

:::::::::::::::::::::::::::::::


  ☆おいしく食べて、サバイバル!☆
  未来食セミナーScene1

  ~1日で~
  本当の食べ物を見分ける感性が開く
  情報にふりまわされなくなる
  食の土台を構築する設計図で、食を変えていく方法が分かる
  おいしいと健康が共存する速効料理術が身につく

 日程:
  8月21日(水) 東京・神楽坂(講師:篠沢真紀子)
  8月25日(日) 青森・十和田(講師:石井ともみ)
  8月31日(土) 東京・早稲田(講師:篠沢真紀子)
  10月20日(日) 石川・金沢(講師・更田恵子)
  10月31日(木) 石川・金沢(講師・更田恵子)

 時間:9:00~18:30(+交流パーティー ~20:30 or 21:00※)
 参加費:33,300円 (+交流パーティー 3,000 or 5,000円※)
  ※交流パーティについては会場により異なります。詳しくはこちら>>

 上記以外でも、全国のつぶつぶマザーが
 北海道・青森・岩手・千葉・埼玉・東京(渋谷/三鷹)・
 神奈川・山梨・石川・滋賀・兵庫・宮崎・熊本で開催中!

 ★全国の日程は>>
 http://www.tsubutsubu.jp/seminar-booking/

 ★詳細>>
 http://www.tsubutsubu.jp/seminar-miraishoku/

**********************************

つぶつぶマザーのメルマガいかがでしたか。
私もメルマガであらためて知る仲間のいろんな体験に驚きと感動でいっぱいです。

8月21日はボナ!つぶつぶの3階で未来食サバイバルセミナーシーン1開催です。
素敵な空間ですよ♡
まだ受講されていない方は思い切ってぜひお申し込みください。
by tsubutsubuland | 2013-08-17 23:45 | 未来食サバイバルセミナー
つぶつぶマザーの河井美香さんの早稲田シーン1デビュー、素晴らしかったです。
参加者の皆様にとても響いた様子が伝わってきました
そして夜の交流パーティーもおいしく楽しんで頂きました。

さて、今日はつぶつぶマザー荒木沙弥香さんの3回シリーズのメルマガをご紹介します。

メルマガ第1回はこちら

>>給料のほとんどが病院代と家賃で消える生活
 http://syk-tohri.blogspot.jp/2013/08/blog-post.html

第2回はこちら

>>犯人は、体のしくみを無視した食生活
 http://syk-tohri.blogspot.jp/2013/08/10.html

さやかちゃんとの出会いは2010年5月の山形天女合宿でした。
第1印象は、20代前半のお姉さん。
実際は私の一つ下でした。当時私は33歳だったので、さやかちゃんは32歳ですね。
すごく若いと思っていたのに、びっくりでした。

そこで知り合って縁ができ、6月の私の誕生日に広島に遊びにきてくれて、一緒に宮島に泊まってお祝いしました。

ここへくるまで供に学び、供に歩んだ大切なつぶつぶ仲間です。

ではメルマガ第3回をご紹介します。

あたらしい私!がここにいる vol.3(2/3)

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.

正義感がわたし病気の原因だったなんて!

 @荒木沙弥香 35才のつぶつぶストーリー



゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.

つぶつぶマザー@宮崎県延岡市の

荒木沙弥香です。

つぶつぶマザーセミナーを受けるには、

食の学びだけではなく、

天女セミナーを受ける必要があります。



つぶつぶグランマゆみこは

現代の社会が「食の砂漠」、「情報の砂漠」だということを

早くから提唱してきました。



そして、大冒険の結果発見した

生命のオアシスへの道案内として

2つのセミナーを開いてきました。





オアシスにたどり着くために必須なのが

食と意識の転換です。



未来食サバイバルセミナーでは、

食をテーマにした意識の転換を伝えてくれました。



そして、天女セミナーでは、

生命としてのわたしのしくみを知るScene1入門編(旧:天女入門セミナー)

わたしをとりまく世界のしくみを生命視点から知るScene2目覚め編(旧:天女の目覚めセミナー)

というステップで

生きることの意味と目的を思い出させてもらいました。





つぶつぶの実践と天女の学びによって、

わたしの中に自覚もなく存在していた

たくさんのネガティブな感情や

自分を制限したり、貶める価値観や固定観念が

浮上し、出て行きました。





わたしの体調不良の根っこの原因は

なんと、「正義感」だったのです。



曲がったことが嫌いで、

自分に完璧を求めて、そうできない自分に

罪悪感を感じていたことに気づきました。



そして、自分が正しいと思っていることと違うことをしている人を

批判や否定の目で見ていた自分にも

気づくことができました。



その結果、ずっと、自分を受け入れられずに

生きていたことにも気づけました。





そんなわたしを作る原因となった

封印していたネガティブな記憶の中でも大きなひとつが

食と意識の転換によってリセットされたことで、



 生きているのが楽しくなりました。



 自分のことが好きになれました。



 女らしく振る舞えるようになりました。



 家族をはじめとする人間関係までもが

 スムーズになりました。







封印していた記憶について書いてみます。







わたしは、物心ついた頃から地図帳が大好きで、

外国に憧れ、暇さえあれば世界地図や各国の国旗を

眺めている子供でした。



両親はお店の切り盛りで忙しかったのですが、

わたしは祖父母から、戦時中に暮らしていた南の島、

パラオの話(島の言葉や食べ物のことなど)を聞くのが楽しみで

毎日、ワクワクでした。



高校の時のアメリカでのホームステイで、

自分より年下の人たちが自分の考えをしっかり持って

発言する姿に刺激を受けると同時に、

「自分が生まれた国のことをちゃんと知りたい」と思い、

大学では「日本文化学部 言語文化学科」で学びました。



漢字が共通しているから意味を理解しやすいのではないか

という安易な理由で第2外国語に中国語を専攻しました。



幸い先生に恵まれ、すっかりその魅力に取りつかれた私は、

短気の語学留学に飽き足らず、

卒業後、中国の田舎に語学留学することを決めて、

アルバイトと節約に励みました。





山東省の曲阜、日本人はもちろん、

外国人自体も数人しかいない町での1年半の生活。



野菜が道端の青空市場で量り売りされ、

ヤギやラバが普通に歩いている、

朝ごはんは雑穀入りのお粥が定番、



決して裕福ではなくても、心豊かに暮らし、

とてもいい顔をしている彼らが眩しく見えました。



たくさんの思い出と経験ができた中国での1年半でしたが、

なぜか、わたしは、罪悪感の固まりになって帰国することになりました。



その原因は、中国人や韓国人と交流する中で、

南京大虐殺のことなど、日本人のしてきたことを指摘されることが重なって、

だんだん自分が日本人であることが辛く思え、

日本人であることを否定したくなっていったことです。



町や旅先で「日本人、日本人。」とひそひそささやかれ

後ろ指を指されたこともあり、

出逢う人に「日本人?」と聞かれても

「違う。」と言って否定するまでになっていきました。



いっそ中国人になりたいとまで思うほど

自己否定のループにはまってしまったのです。



韓国からの留学生から、休み時間などに

韓国語や韓国の文化を教えてもらう機会がありましたが、

彼らが中国人同様、自分の国に誇りを持ち、

キムチを作れない子がいないことに驚きました。



当時の私は味噌やたくあん、梅干しの作り方を知らず、

また、そのことにそれほど関心も持っていなかったので、

韓国の学生が自分の国の伝統食や保存食を

一人残らず作れることを知ったときは、

ただただ驚くばかりでした。



彼らは自分の国が大好きで、自分たちの文化に誇りを持っている。

そのことが、とても羨ましくもあり、かっこよく見えました。



その後、機会に恵まれて半年ほど韓国に滞在する中で

韓国の方の人情深さや温かさ、大らかさにふれ、

魂が震えるほど胸が熱くなる経験を何度もしました。



が、自己批判のループに入っていたわたしの中の

正義感と生真面目さは、問題にしか目が行かず



自分が日本人であることを受け入れられない気持ちと、

日本人であることを誇りに思えない気持ちがますます

強くなってしまいました。





帰国後は、それに重なるように、

過敏すぎるわたしの体が、

現代食生活の矛盾に過敏に反応してしまって

どんどん悪化していったのが

私の病気の根っこの原因だったのです。





自己否定と罪悪感。

宇宙のしくみと生命のしくみという視点から

世界の歴史や社会の捉え方をレッスンしていく天女の学びが、

わたしを心身両面の負のループから救い出してくれました。





日本の風土の食の歴史に基づいた食生活を知り、

手料理が当たり前にできるようになったことで、

わたし自身を信頼できるようになっていたことも

大きな助けになりました。





今、心から、わたしを、両親を、

世界を、愛しているわたしが、

今、ここ、にいます。





一人でも多くの求めている人を

食のオアシス、情報のオアシスに招待したい!

と、心から思って

つぶつぶマザーの活動を楽しんでいます。





次の、未来食サバイバルセミナーScene1 延岡会場は

8月28日(水)の開催です。

ぜひ、延岡まで足を運んで下さい。





わたしの、今一番の夢は、

つぶつぶに響くパートナーと出会って

ほんとうのお母さんになり、

つぶつぶの活動をライフワーク、

ファミリービジネスとして家族で楽しむこと、

パートナー募集中です。





            おわり(3/3)





            つぶつぶマザー

            荒木沙弥香







:::::::::::::::::::::::::::::::

      セミナー日程・詳細

:::::::::::::::::::::::::::::::



  ☆おいしく食べて、サバイバル!☆

 未来食サバイバルセミナーScene1



  ~1日で~

  本当の食べ物を見分ける感性が開く

  情報にふりまわされなくなる

  食の土台を構築する設計図で、食を変えていく方法が分かる

  おいしいと健康が共存する速効料理術が身につく



 日程:

  8月21日(土)・8月31日(木) 東京・つぶつぶセミナーホール(講師:篠沢真紀子)

  8月28日(水) 宮崎・延岡市 講師宅(講師:荒木沙弥香)

 時間:9:00~18:30(+つぶつぶグルメ体感交流パーティー ~21:00)

 参加費:33,300円 (+つぶつぶグルメ体感交流パーティー 5,000円)



 上記以外でも、全国のつぶつぶマザーが

 北海道・青森・岩手・千葉・埼玉・東京(渋谷/三鷹)・

 神奈川・山梨・石川・滋賀・兵庫・宮崎・熊本で開催中!



 ★全国の日程は>>

 http://tsubutsubu.jp/learning/application.html



 ★詳細>>

 http://tsubutsubu.jp/learning/2013scene1.html



****************************

貴重な体験をされたさやかちゃん。

自己否定と罪悪感。

これは、いろんな形で私たちの中に存在しているのではないかと思います。
けっこう根強いです。

食と意識の転換、天女の学びによって、リセットして愛と信頼を取り戻したさやかちゃん。
(パートナー募集中です!)
これからの活躍が楽しみです。
私も宮崎にいつか行ってみたいと思っています。
by tsubutsubuland | 2013-08-03 23:27 | 未来食サバイバルセミナー
☆おいしく食べて、サバイバル!☆
  未来食サバイバルセミナーScene1


  ~1日で~
  本当の食べ物を見分ける感性が開く
  情報にふりまわされなくなる
  食の土台を構築する設計図で、食を変えていく方法が分かる
  おいしいと健康が共存する速効料理術が身につく

日程:2013年8月1日(木) 東京・つぶつぶセミナーホール
時間:9:00~18:30 つぶつぶグルメ体感交流パーティー ~21:00
講師:つぶつぶマザー河井美香



美香さんのミラクルストーリー第3回目
こちらから>>東京三鷹・雑穀料理 つぶつぶくらし


いよいよですね!!

未来食サバイバルセミナーの受講者の方は、
当日の朝は、みなさん少し緊張気味ですが、
とってもキラキラしたお顔をされています。

そして、セミナー後の交流会の頃にはすっかりリラックスされて、
お酒も入って体験談等をシェアする様子は、とても幸せと希望いっぱいで
見ていてこちらまで幸せな気持ちになります。

私は今でこそ毎日幸せいっぱいですが、
つぶつぶに出会うまでは、芯のない幸せと表現するのが一番ぴったりかと思いますが、
表面上の幸せはたくさんあるのです。
素敵なマイホームとか、ピアノルームとか、旅行とか、着物、ドレス・・・
全部外側ばっかりで、まん中が満たされていない。
自分に自信がなくて、すぐにあきらめがちで。
そんな自分だったな・・・とふと思い出しました。

つぶつぶに出会って6年目です。
毎日、毎瞬が幸せです。
無理矢理作って「ありがとうございます」とか言うのではなくて、
本当に「幸せだな〜有り難いな〜」と湧いてくるのです。

つぶつぶ料理を食べ続けて、ココロもカラダもタマシイも、すっかり満たされたのですね。

美香さんのメルマガで言っておられる「つぶつぶは生き方そのもの」
というのは、私も全く同感です。

言葉では伝えられない感動があります。
今回も、参加者の方がキラキラ変わっていかれる姿を見るのが楽しみです。
 
★詳細>>
 http://tsubutsubu.jp/learning/2013scene1.html

 ★日程・申込み>>
 http://tsubutsubu.jp/learning/application.html
by tsubutsubuland | 2013-07-17 22:04 | 未来食サバイバルセミナー
いよいよせまってきました。


♪~♪~♪~~^。^ 。。。。♪~♪~♪~~^。^。。。。

  ☆おいしく食べて、サバイバル!☆
  未来食サバイバルセミナーScene1

  ~1日で~
  本当の食べ物を見分ける感性が開く
  情報にふりまわされなくなる
  食の土台を構築する設計図で、食を変えていく方法が分かる
  おいしいと健康が共存する速効料理術が身につく

 日程:2013年7月20日(土)・8月1日(木) 東京・つぶつぶセミナーホール
 時間:9:00~18:30 つぶつぶグルメ体感交流パーティー ~21:00
 講師:つぶつぶマザー河井美香

 ★詳細>>
 http://tsubutsubu.jp/learning/2013scene1.html

 ★日程・申込み>>
 http://tsubutsubu.jp/learning/application.html

 ♪~♪~♪~~^。^ 。。。。♪~♪~♪~~^。^。。。。


世界一の主婦、そしてつぶつぶマザーの河井美香さん。
うちの娘達も美香さんが大好きで、「みかんちゃん〜」と言って
2人+池田総店長の娘のつぶきちゃんと
おうちまで遊びに行かせてもらったりしています。

もちろん私も美香さん大好きです。
本質が分かる、正直、まっすぐ、うそがつけない、すごく優しい
よく気がつく、かざらない、もちろん超つぶつぶ料理が上手、つぶつぶスイーツも超上手、
写真の撮り方が上手、漬け物上手、人のいいところを見抜く才能がある
など、あげればたくさんでてきます。

私は今でこそ、つぶつぶミュージックマザーとして、つぶつぶの中でも
音楽担当で活躍させていただいていますが、
美香さんの一言がなかったら、今の私はないかもしれません。

2010年の5月、山形いのちのアトリエで、天女合宿がありました。
そこで、言霊発声をして、山に向かってみんなで声を出した帰り、
美香さんが
「佳代さんっていい声だね!」
と言ってくれたのです。
それから、その夜急遽歌のライブをいのちのアトリエでしました。
そこから私の音楽の才能は発掘され、少しずつ歌の指導や、ナビゲートをさせていただくようになったのです。

すごいですよね!
恩人です。
この場を借りて美香さんに感謝の気持ちを伝えます
「美香さんありがとう〜〜〜〜♡」

さて、そんな美香さんが7月20日(土)
つぶつぶカフェ早稲田店2F つぶつぶセミナーホールにて、
未来食サバイバルセミナー シーン1を開催されます。

シーン1の講義の後には、つぶつぶグルメパーティー&交流会があります。
私たち料理スタッフが腕をふるいます!!!

きっと受講者のみなさんのいいところや魅力を引き出して下さることでしょう。

ふっと声をかけてくださるのです。
それがすごく自然で、でも、嬉しい言葉です。

つぶつぶ料理に関しても、エキスパートなので、いろいろ質問できると思います。

そんな美香さん講師の、未来食サバイバルセミナーシーン1
おすすめです!

以下美香さんからのメッセージ第2弾
(第1回目は私の前回のブログを見て下さい)

こんにちは。

7月20日(土)と8月1日(木)の
未来食サバイバルセミナーの講師を担当する
つぶつぶマザー、河井美香です。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


息子を生かす!

それだけしか頭になく
ただただ夢中で医者通いをしていました。

自分の身に起きた不幸を嘆き、
医師の示す様々な恐ろしい息子の未来像に
怖れおののきながら、
医師と病院の設備と薬にすがって生きる毎日。

それが、つぶつぶに出会うまでのわたしでした。

友人の何人かが
同じような子供の問題を抱えていました。

久々に会う機会があったのですが、
みんな今でも医者通いと薬無しの子育ては
考えられないという生活です。

そして、
息子に起きた奇跡を話しても
理解してもらえませんでした。

あの時、つぶつぶに出会っていなかったら
と思うとほんとうに身が縮みます。


息子のことですっかり自分のことが
お留守になっていましたが、
じつは、その頃のわたしは
自分自身の体調も、精神状態も
最悪だったのです。

例えば、
漢方薬が手放せない慢性便秘。
1ヶ月出ないこともあったほど。

今思うと、かなりの重症でした。

毎月の生理痛と、
ひんぱんに起こる頭痛には、
鎮痛剤が欠かせず、
でも、これは、体質だから
治ることはないと思っていました。
寝込むことも日常でした。

それが、息子を生かすためにはじめた
つぶつぶ生活を続けていたら
気がつくと、便秘も生理痛も頭痛も
消えていました。

今では、体調を崩して
寝込むことはまったくなくなりました。
疲れ知らずの元気さに夫も驚いています。


何よりのおまけは、驚きの美容効果です。

わたしは、今年、46歳になりましたが、
洗顔料も美容液も使わないので、
化粧品代ゼロ。
顔は、洗うだけで、
化粧水も一切使いません。
これで、つやつやの肌を維持しています。

毎日水仕事をしていますが、
手荒れナシ。
ハンドクリームも使ったことがありません。


その上、心も大きく変化していました。

不安定だった精神状態がすっかり
穏やかになっているわたしが
今、ここにいます。

つぶつぶ以前のわたしは、
息子のことが起こる前から
超がつくほどの心配性で、
怒りっぽく、
いつも何かが不安でした。

周りのすべてがうらやましく、
もっともっとと、
いつも何かを求めていました。

でも、これも、
性格だから仕方がない、
そう思い込んでいました。

つぶつぶに出会って、
体質も性格も、自分で作っていたことに
気がつきました。

息子の深刻な事態が起きるまでの
わたしは、
高価な物に囲まれて、
物が豊富で、
お金に困らない、
大事にしてくれる人がいて、
働かずに遊んで暮らせることこそが、
豊かで幸せ。
自分が幸せならそれでいい。
そういう価値観で育てられ、
それを信じて生きていました。

なのに、昨日もお伝えしましたが、
あこがれのニューヨークで、
大手企業のエリート社員の妻として
うらやましがられる夢の暮らしをしていたはずのわたしは
ちっとも幸せではなかったのです。

息子の為にと始めたつぶつぶクッキングでしたが、
ふと気づいてみたら、
わたし自身にも大きな奇跡が起きていました。

価値観が180度変わり、
不安・不満体質から、安心・幸せ体質にすっかり
生まれ変わっていたのです。

つぶつぶグランマゆみこ直伝の学びで
私が信じていた価値観そのものが、間違っていたことに気づき
果てしない不安と不満の毎日から開放されました。

なぜか分からない未来への不安も消えていました。

毎日、おいしいと食べていることがしあわせ。
いま、ここに生きていることに感謝の思いがあふれ、
今わたしに起きている全てが、
これこそが奇跡だと、
心から、感謝できるようになっていました。

あんなに心配性だった私が、
「大丈夫だよ〜」と、
まさか人に言えるようになるなんて、
想像もしていませんでした。

「自分さえ良ければ・・」という、
自分のことしか考えていなかったあの私に、

「私の愛で周りを包み込みたい」

そう思う気持ちが、
自分の中から、
あふれれ出るようになったのです。
この感動は言葉に表せません。

食を変えることで、体だけではなく、
心の健康まで手に入れることができました。


息子が命をかけて、
私とつぶつぶを出会わせてくれたのだと
ある時気がつきました。

息子がつぶつぶに引き合わせてくれたおかげで
私の生き方は180度変わりました。

最初は息子のために、ただただ必死だった
つぶつぶ生活が、いつの間にか、
家族ニコニコ、
おいしい、楽しいに変わっていて、
「健康」のために食べるのではなく、
料理する暮らしが幸せ、
おいしくて幸せ、
そんな日々を暮らすようになっていました。

料理で、
人がこんなに変われるなんて、
正直、自分でびっくりしています。

でも、
これが、事実。
私に起きた奇跡です。

こんな超お得なつぶつぶの存在を
一人でも多くの人に知ってほしい、
心からそう願い、
つぶつぶを伝える活動をライフワークとすることを決めました。

つぶつぶマザーとして、
今、愛を、
大放出中です♡♡♡(笑)


     つぶつぶグランマ公認つぶつぶマザー
                  河井美香


PS.
入院費用も、薬代も、特別な健康食材も、
美容にかける費用も、ほとんどいらなくなり、
外食も必要ないし、食費も浮いて、
家にいながら自分のペースで仕事ができ、
活動を通じてたくさんの心に響く出会いの連続なので
心も財布の中もいつも満ち足りるようになりました。

by tsubutsubuland | 2013-07-13 23:56 | 未来食サバイバルセミナー

奇跡のようなエピソード

《転送・転載歓迎!》
ブログの内容に響いてくださったら、ぜひお友達に転送して紹介してください。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今日は、わたしの尊敬する仲間の1人、
つぶつぶマザー・河井美香さんの
体験談を紹介します。

河井さんは、7月20日(土)と8月1日(木)に
東京・つぶつぶセミナーホールで未来食サバイバルセミナーの講師をされます。

その彼女が、つぶつぶのメルマガで
自身が体験した奇跡のようなエピソードを
熱いメッセージとともに届けてくれました。

ぜひ、読んでください。


※※※下記、メールの転送です※※※

===========================================================

  あなたが主役のキラキラ人生を応援する               
     ☆★☆つぶつぶキラキラNews☆★☆
               http://www.tsubutsubu.jp/

       ~   2013年 7月6日(土)~
          
===========================================================
≪このメールは、つぶつぶ関連のメルマガに登録された方と
 ゆみこやスタッフと名刺交換された方にお送りしています。≫



こんにちは。

つぶつぶマザーの河井美香です。

7月20日と8月1日の未来食サバイバルセミナーScene1の講師は
わたしが担当することになりました。

つぶつぶグランマゆみこから
わたしのメッセージが届いていますが
読んでいただけましたか。


わたしからも、直接メッセージを届けたい!
わたしに起きた奇跡を、あなたに伝えたい!

と思い、今日から3回連続で
メッセージを送ることにしました。


今日は、わたしとつぶつぶとの出会いについて
聞いてください。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
 

結婚し、
あこがれのニューヨークで
大手企業のエリート社員の妻として
幸せな生活を送っていたはずのわたし。

でも、心はなぜか満たされなかったのです。

自分より上の暮らしをしている人や
良いものを持っている人がうらやましくて
寂しくて、毎日日本に電話をかけて
泣いていました。

子供ができないことも悩みの種でした。
そして、不妊治療を受けようかと思った直後
ようやく授かった子供が
まだ皮膚も形成されていない
妊娠7ヶ月で生まれるという現実に直面しました。

生まれてから、抱くこともできずに
集中治療室でバイプだらけの
小さな息子を
ただただ見ては泣き続ける毎日でした。

医者からは、6歳までが限界と言われ
失明の可能性などたくさんの問題を指摘されて
薬漬け、医者通いの日々が続いていました。

重症のアトピーも喘息も出ていたので
小麦、大豆の除去食もしていました。

夫は、家族は同じものを食べるべきという考えだったので
家族で除去食生活でした。

これが一生続くのかと
暗澹たる気持ちをなんとか晴らすべく
自然食情報なども集め始めました。

息子が3歳の頃に、ママ友が
「ゆみこさんのレシピはどれもおいしいよ」
とつぶつぶのことを教えてくれ、
その足で、つぶつぶカフェに向かいました。

息子とふたり無心でヒエのフリッター、
高キビハンバーグ、
もちアワ春巻きを
夢中で平らげました。

「なんておいしいんだろう!
肉も魚も卵もなしとは思えない
こくのある満足なおいしさ!」

小麦も味噌も入っているのに、
息子も全然体調を崩しませんでした。

そして、ショーケースに並ぶ
キラキラまぶしい
つぶつぶスイーツたち。

「こんなスイーツを息子に食べさせたい」と、
その日に未来食サバイバルスイーツセミナー
(現 未来食サバイバルセミナーScene2)に申し込みました。

セミナーでは、食べることだけではない、
くらしのこと、環境のこと、体のこと、
今まで誰も教えてくれなかったことを
ゆみこさんが熱い愛を込めて教えてくれました。

さらに、1升瓶片手に、醤油をジャーッと入れる
ゆみこさんの姿に無性に惹かれ(笑)、
「これで行こう」
そう思い、その日から、病院通いも薬も一切やめました。

以来13年、つぶつぶ料理を、毎日毎日、
ただただ楽しんでいたら、
息子は、どんどん元気になって行きました。

失明もせず、アトピー性皮膚炎完治。
10歳まで続いた喘息も克服。

何より、「6歳まで生きられない可能性がある」と
出生時に宣告されたにも関わらず、
誰よりも体力があって、
未熟児だと誰も信じないくらいのがっちり体質、
身長も高校1年生で170cmになりました。

カルシュウムとかタンパク質とか一切考えず、
食べて来ましたが、未来食つぶつぶが提案する
「穀物率80%」の食事で、まさかここまで育つとは、
正直、当のわたしもびっくりです。(笑)

思春期真っ只中ですが、驚くのが体臭が臭くないこと。
歯磨きをしないわりには虫歯がないこと。
失明の可能性があったにも関わらず視力がいいこと。

高校生なので、ノリでたまに、友達とコンビニで
買い食いすることもあるようです。

彼が自分でいろいろ経験して、
そして自分で気がつけばいいと見守っていましたが、
先日「外の食事にはうまいものはないな」
とつぶやいていました。

内向的だった性格も今ではどこへやら。
誰とでも話せるという特技を持ち、バンドを組んでライブに出たり、
体育祭で応援団をやったり、今はブラジルの打楽器に夢中で、
いつかブラジルに行くと、やりたいことを100%楽しんでいます。


思えば、あの日から13年。
何のガマンもいらないおいしい食生活「つぶつぶ」
に出会ったおかげで
風前の灯だった息子のいのちが
今、こんなにも輝いています。

目の前に起きた自分の不幸を嘆き、
息子の未来を心配して、
泣いてばかりいたわたしに起きた
この奇跡を伝えたい。

今、泣いている人がいたら、
「大丈夫だよ」と教えてあげたい。


そう思い、日々、熱い思いで
つぶつぶマザーとして活動しています。


     つぶつぶグランマ公認つぶつぶマザー
                  河井美香



PS.

当初は、息子に起きた奇跡にばかり意識が行っていましたが、
ふと気づいてみたら、わたし自身にも大きな奇跡が起きていました。
不安・不満体質から、安心・幸せ体質にすっかり
生まれ変わっていたのです。

次回は、わたしに起きた奇跡について
書きますね。

こんなにすばらしいおまけ付きのつぶつぶ生活、
はじめない手はありません。
チャンスは7月20日か8月1日、
わたしの話にピンと響いてくださったあなたに会えるのを
楽しみにしています。


===========================================================


このメールは、第2回目と3回目もあります。
続きはこちらから見てください。

>>河井美香さんのブログ
「東京・三鷹 雑穀料理 つぶつぶくらし」
http://plaza.rakuten.co.jp/tennyoenomichi/



美香さんにおきた、誰もが驚くような奇跡。

でも、これは決して「奇跡」ではないのだなぁと、
長年つぶつぶを実践してきて、実感しています。

つぶつぶをおいしく食べていると、本当にそれだけで、
誰にでも驚くような変化があるのです。
by tsubutsubuland | 2013-07-10 19:28 | 未来食サバイバルセミナー
「食の力」メール講座の登録はお済みですか?

まだの方はこちら>>>>

私がつぶつぶに出会ったとき、どこに響いたかというと・・・・・

「食だけではない何かがここにある」

ということを直感で感じたからでした。
そしてそれと同時に「食の大切さ」そして「おいしいことが何よりも大切」ということを
教えてくれたのもつぶつぶでした。

つぶつぶに出会う前に間違った自然食で10kgくらいやせたことが
ありました。
制限が多く、ずっとこの食を続けてもいいのだろうか?
と疑問をもっていたところに
「何このおいしさ?!」という衝撃を受け、こんなに食べていいの?
大いばりで食べたいだけ食べる?
それなら絶対つぶつぶがいいーー!!
というところから、あっという間に5年たちました。
今でもその感動とおいしさは変わりません。

そして、食だけではない私が求めていたものも、やっぱりここにありました。

まずは何よりも食をととのえるのが大事。
身体をととのえ、命をつくる食。

私は「食の力」メール講座の13話が特に好きです。
読まなきゃ分からない、そうだよね、そうだよね!と何度もうなずいてしまう
とっても素敵なお話です。

さて、来週6月15日(土)に、東京・早稲田で

「未来食サバイバルセミナーScene1」を開催します。

http://tsubutsubu.jp/learning/2013scene1.html



この日のセミナーは、ゆみこが講師です。



そして実は、

ゆみこが講師として開催する「未来食サバイバルセミナーScene1」は



この6月15日(土)を逃すと

~~~~~~~~~~~~~

それ以降は、しばらくありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~


ゆみこさんが講師をされる未来食サバイバルセミナーシーン1は貴重です。
ぜひぜひ、受けてみて下さい。

♪~♪~♪~~^。^ 。。。。♪~♪~♪~~^。^。。。。



  ☆光の食つぶつぶレッスン☆

  未来食サバイバルセミナーScene1



 日程:2013年6月15日(土) 東京・つぶつぶカフェ早稲田店

 時間:9:00~18:30 つぶつぶグルメ体感交流パーティー ~21:00



 上記以外でも、北海道・青森・千葉・埼玉・東京(渋谷/三鷹)・

 山梨・滋賀・兵庫・宮崎で開催中!



 ★詳細・申込み>>

 http://tsubutsubu.jp/learning/2013scene1.html



 ♪~♪~♪~~^。^ 。。。。♪~♪~♪~~^。^。。。。

交流パーティーでは、私たちつぶつぶカフェスタッフが腕を振るって
最高のパーティー料理をお出しします。
ぜひそちらも合わせてご参加下さい。
by tsubutsubuland | 2013-06-09 06:49 | 未来食つぶつぶセミナー
こんにちは。

最近朝のお布団がとっても気持ちよくてつい5分、また5分と布団にくるまってしまう
私です。
夫の裕司さんがばっちりつぶつぶ料理ができるようになったので、
子供のお弁当をおまかせ♡なんて日もあります。

これが習慣化しないように、朝もサクサク起きて仕事をするイメージに上書きです!!

この「上書き術」がとても有効で、何にでも使えちゃいます。

子供の姉妹ゲンカが多くなって、こんな時の上書きはなんだろう・・・
そうだ!朝みんなで「だ〜〜い好き」のハグをし合おう
と決め、「お父さんだ〜い好き、お母さんだ〜い好き、あみちゃんだ〜い好き、みおちゃんだ〜い好き」と1人1人をハグし合います。

するとどうでしょう。
「今日はけんかしなかったよ。」の報告。
ハグが大好きの子供達に変身しました。

ちょっとしたことだけど、知るとしらないでは大違い。
このちょっとしたことの積み重なりで、人生がすご〜く幸せだったり、そうでなかったり
するのではないだろうか。

おかげさまで、私はすご〜く幸せな毎日を過ごさせて頂いています。

今日はゆみこさんからのメッセージがとてもよかったので、
ブログでもシェアしたいと思います。

emoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gif

こんにちは!
ゆみこです。
プレゼント動画は見ていただけましたか。

まだ見てない方は、ぜひ、見て下さい。
最後に動画のアドレスをお知らせしますね。

今日は、
なぜ、この動画をプレゼントする気になったかを
お話ししたいと思います。

それは、あなたに、自分自身の体や心を
楽々と、おいしく、楽しく、健康にする
革新的な食生活があることを
伝えたいからです。

知らないでいるのはもったいない!
これが心からのわたしの気持ちです。

30才まで、現代グルメの食いしん坊だったわたしは、
冷え性で、貧血で、低体温、いつも便秘薬のお世話になり、
心配性で神経過敏でした。
暑さにも寒さにも弱く、デブではないけど締まらないぽっちゃり型、
体力もなく、ゆるんだ体でした。

そのわたしが、あっという間に別人のような健康と
前向きでおおらかで満たされた心に変えてくれました。

おいしくない食事なら1食抜いた方がいい、というほどの
食いしん坊だったわたしが、
それまでのおいしさ全部要らないと心から思うほどおいしいのです。

合理主義のヒットデザイナーだった力を生かして、
見た目も味もデザインし、
仕事の合間に楽々料理できるシステムを組んだ、
驚くほどシンプルに組んだ食のスキルです。

そのおかげで、自分自身が健康になっただけでなく、
驚きの楽ちん出産で次々と子ども達を生みながら、
仕事も活動も続けてこられました。

なんと、本来、特別な離乳食は必要ない食生活なんです。


ところが、あなただけでなく、多くの女性が、
自分の健康や、出産や、離乳食づくり、子育てに
大きな不安や悩みを抱えているということも気になっていました。

あなたが、結婚や妊娠出産を機に
健康な食生活を学びたいと思っているなら、
このセミナーが役にたちます。

________________
1日で、いのちのしくみと心のしくみを体感します。
ゆるがない心と判断力が手に入ります。
食の土台を構築する設計図が手に入ります。

最高のおいしさで最高の自分を手に入れる
未来食サバイバルセミナーScene1
http://tsubutsubu.jp/learning/pseminar.html
________________

あなたもご存知のように
世の中にはたくさんの健康をうたう食事法があります。

多くの人が、いろんな健康法を聞きかじって実践していますが
不安は解消されません。
健康も手に入れていないという事実があります。

健康な食生活に切り替えたいと思っても
どこからはじめればいいのか、
どの情報が正しいのかわかりません。


わたしが30年実践して確信していることは、
それがどんなにオーガニックでも正しくても、

 ガマンの食生活では健康になれない!

 まずい料理ではおいしくなれない!

ということです。


 「食べることは生きること」


生きることを楽しむための土台が健康です。


 「健康のために、楽しく生きられない」

としたら意味がありません。

とはいえ、今の食生活では未来はないことは
もう誰の目にも明らかです。

この矛盾を楽々解決する食の提案が

「未来食つぶつぶ」です。



食事の一番の条件は

「おいしい」こと。

理屈抜きに自分の舌も、家族を満足させられる
おいしい料理でなくては続きません。
幸せにもなれません。


そして、2番目が「心にストンと落ちる」ことです。

毎日繰り返す食事の内容や食べ方に不安や疑問や恐れがあったら
決して幸福な人生は送れません。
理屈や理論では人は生きられません。
がまんは長続きしないし、がまんの心は身体をむしばみます。
心にストンと落ちるシンプルな考え方と技でなければ
毎日の暮らしの役にはたちません。


わたしが「未来食サバイバルセミナーScene1」で
あなたにお伝えするのは
この2つを同時に満たして健康をもたらす食のソフトとスキルです。

地球生まれの元気な食材を組み合わせて簡単に作れる
心にも体にもおいしい食事を楽しむだけで、健康と幸せが手に入る
食の考え方の全貌と食の基本の骨組みが1日で体感できます。

誰かや特殊に加工された食品や薬に依存しない
自立した自信に満ちた日々への大きな大きな一歩です。


「未来食つぶつぶ」食生活の実践で、次のような現実が手に入ります。
最高の生存を実現し、あなたを輝かせる食生活、それが「未来食つぶつぶ」です。

□ 若々しい体
□ やる気に充ちた心
□ 穏やかな気持ち
□ ストレスに強いタフでしなやかな体
□ 楽々お産
□ 離乳食いらずの楽ちん子育て
□ すくすく子育て
□ すべすべの肌
□ つやつやの髪
□ いつまでも明晰な頭脳
□ 舌のセンサーの調律
□ 喉のセンサーの調律
□ 自分の体を信頼する心
□ 適確な判断力を持つ心と体
□ 料理の基本システムを知る
□ 温かく冷え知らずの体
□ 健康な腸


1995年から17年続いて、
日本中の多くの家族の体と心を輝かせてきた実績があります。

つまりこのセミナーがあなたに提供するプログラムは
3世代にわたって実証済だということです。

このセミナーのプログラムによって、
既に何千という家族や個人が驚くほどの効果を実証し、
家族ぐるみの健康と幸せを手にしているのです。

このセミナーにリスク無しで参加できる
チャンスがあるのですが・・・

_______________

1日で、いのちのしくみと心のしくみを体感します。
ゆるがない心と判断力が手に入ります。
食の土台を構築する設計図が手に入ります。

最高のおいしさで最高の自分を手に入れる
未来食サバイバルセミナーScene1
http://tsubutsubu.jp/learning/pseminar.html
_______________



まだ、下記をご覧になっていない方はすぐに、チェックしてください。
……○◆○…*…○◆○…*…○◆○…*…○◆○……

5人の子供を一度も医者にかからず育てた
つぶつぶグランマゆみこが語る
「離乳食いらずの楽チン子育て」無料動画プレゼント
http://tsubutsubu.jp/rakuchin-kosodate/

……○◆○…*…○◆○…*…○◆○…*…○◆○……


2012年 11月 7日  つぶつぶグランマゆみこ


emoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gif

ここまで書かれると私ももう一度シーン1を受講したくなっちゃいますね〜!!
□にあげられている項目はたくさんありますが、
すべてそうなっているな〜とあらためて思いました。

すべての生命は成長しようという意思と本能があります。
常に変化と進化をしたいと願っています。
学んだら、もっと学びたい。というのが自然な欲求ではないのかな。

11月25日のシーン1ではどんなキラキラ笑顔に出会えるか楽しみです!
つぶつぶカフェでスタッフ一同キラキラ笑顔でお待ちしてます♡
by tsubutsubuland | 2012-11-07 23:09 | 未来食サバイバルセミナー
つぶつぶランドの看板できましたemoticon-0171-star.gif
a0186159_21234343.jpg


玄関にはこんな看板をかけました。
a0186159_22272895.jpg


なんか、すご〜くすっきりして、とにかくつぶつぶに向かうのが楽しくて仕方ない日々がやってきました。
あれ〜、今までは何だったの?!!
もしかして、マインドコントロール??!

もう、やる気満々

看板もパパパ〜っとあっという間にできてしまいました。
元々木工職人なので(自称)
いやいや、手先が器用なので、何でも作ります。

今日は家族で買い物に行き、娘たちがシュシュがほしいemoticon-0152-heart.gifというので、
生地を買って、シュシュをたくさん作りました。
売るほどできるだろうとラッピングの袋まで買ったのに、リボン型のも、あれもこれもとリクエストに応えて作っていたら生地がぜ〜んぶなくなってしまいました。

また作りますね!

来年は、こんなハンドメイドのものも売ったりできたらいいな〜なんて思っています。

木工作品とかも。

どうなるんだろ。乞うご期待!!


さてさて、料理教室ですが、今月は29日(月)ですね。

a0186159_22281722.jpg



ポイントカード(左)とお友達紹介ありがとうカード(右)を作りました。
まずは、知ってもらう事から始める。
このカードは料理教室のみで使います。

カフェのカードもまた作りますね♪


大感動の広島セミナー。
少しずつ、セミナを振り返っていきたいと思います。
ホームページもまた次へつながるものにリニューアルしていきたいな〜
せっかく汗水流して作ったんだものね。

セミナー参加者の方からいただいた素敵なありがとうメールをシェアさせていただきますね。


大森かよさま

こんにちは。
セミナーでは大変お世話になりました。
本当に参加できて良かったです。
このようなセミナーを開催してくださり
ありがとうございます、感謝感謝の嵐です。

セミナーはもちろんのこと、
宿泊もとても充実した時間でした。
みんなで語り合ったり、つぶつぶのごはんをいただけたり
最終日は旅館から錦水館での入浴サービスまで!
(ボイラーが壊れたからなんですけど(笑)

かよさんが準備してくださったからこそ、
このように素敵な体験ができて、じわじわと改めて
感激の気持ちが高まってきてます。

余談ですが、昨日は旅館を出た後に
宮島を散策してから原爆ドームへ向かったのですが
ドームに着いたら、ゆみこ先生ご一行様とばったり!!!
きゃー!天女パワーでしょうか。
平和資料館へはご一緒させていただき、
坂野さんと一緒に東京へ戻ってまいりました。

今回の旅は忘れられない素敵な旅となりました。
これからもっともっとキラキラできるように
日々を過ごしてゆきたいと思ってます。

また、どこかでお会いできる時を楽しみにしております。
取り急ぎまずはお礼まで。
ありがとうございましたー☆☆☆
A.Hさんより



ねっ!!

このセミナーは口では言い表せないんだよね〜
参加した人だけが、感動できる、なんとも素敵なセミナーなのね〜


そして、天女セミナーの方の感想です。

ずっと自分が女性である事を否定して来ましたが、私の中に愛があったんだという経験や、
女性の役目を改めて感じる事ができ、
女性として、魂磨きをしていこうと思えました。
はじめから赦されていた事、
慶びと愛に包まれていた事が分かり、
女の子の私の多摩市が飛び跳ねて喜んでいます。
あみちゃんさんより



素敵ですね!!
今回の広島セミナーは、「女性性」というのが一つのテーマだったように思います。
自分が女性である事をずっと否定していた
という方が多く集まりました。

今の社会の風潮かもしれません。

3年前にお会いしていたTさんに、
「ゆみこさんもかよさんも、3年前よりやわらかくなられた〜」

と言っていただきました。
より、女性らしくなった。

そこが、天女セミナーのすごいところですよね。

自分ではまったく意識していないのに、どんどん、女性らしさが出てくる。

自分が女性として生まれて来た事に誇りを持てる。

私は女性とか男性とか、性に無頓着だったな〜
3人兄弟で、下二人弟だったからかな。
男性に対しても、拒絶とかないし、自分が女性である事も特に意識した事がありませんでした。

でも、長い髪は好きだったし、スカートも、ヒールの靴も好きでした。

それは、外見的な事だよね。

今は内面から湧き出る女性性も好き。
男性性も好き。

希望としては、包み込むような女神さまのようでありたい!

そんな風になれたらいいな。

教員にピリオドうつのは、ちょうどいいかも。

やさし〜い女性でありたいな。
ふんわりと包み込むような。

今はまだ、オラオラおせおせ〜〜みたいなとこあるし。

今日、ダイキ(ホームセンター)で、ヤスリを買ったので
角をまるくとります。


託児の方は、最初の思惑通り。
託児ではなく、ちびっ子セミナー。
つぶつぶを実践する子どもが、本当の学びをする場を作りたいと思って
企画しました。
我が家の子どもたちも、本当にいい経験をさせていただきました。
毎日、宮島館の様子を少しずつ話してくれます。
「もうちょっとあの旅館に泊まりたい〜」
「お母さんおらんでも、全然平気!」

またやりたいですね!!

もう、ちびっ子セミナー単独でやってもいいくらい。
やりますか!!

私は、学校を作るのが夢です。

今回の宮島館のような。
下は1歳から上は高校生まで。
生きる事を学ぶ場所。
そんな場が欲しいよね。

人間、人と人のふれあいがあって初めて喜びを感じると思う。


そして

夢と言えば天女ミュージカル。

30年の音楽人生に一度ピリオドを打った。

これでよかったと思う。

仕切り直しのようなものがほしかった。

いままでとは全く違う音楽感。

また、宇宙から降ってくるんだろうな。
楽しみ!わくわく!!


これからやること。
人脈を広げること。
自分から飛び込んでいく事。

どんどん知ってもらう。
まだまだ広島では、つぶつぶの認知度が低いです。

まずは食べてもらう。
ここからです。

8月は23〜27日、29日以外はカフェのご予約OKです。
9月からは、火曜、水曜、金曜以外は、カフェをしようと思います。
2名様から。
ご予約いただければ、いつでもどうぞ♡

22日(月)もご予約いただいています。

お友達と、どっかランチ行かない〜?
となったら。

ママ友とゆっくりくつろげるカフェないかしら〜?
となったら。

つぶつぶランドにご予約下さいませ。
080−6334−7810
big.forest-for.earth-☆green.megaegg.ne.jp(☆を@に変えて下さい) 大森かよ まで。

さあ、これからおうちカフェのチラシを作ります〜〜

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
by tsubutsubuland | 2011-08-16 23:10 | 未来食サバイバルセミナー

神門(ごうど)佳代 (株)フゥ未来生活研究所公認つぶつぶマザー*つぶつぶに出会って最高の人生をつかみました。伝えます、最高のおいしさ、最高のつぶつぶライフ!☆2011年11月に活動ネームを神門佳代にしました。


by 神門 佳代